紛失防犯対策を考えよう~紛失をしてしまった時の対策が難しい~

修理サービスを利用

修理にかかる費用とは

ドアノブの確実に修理が任せられるこのサービスにも、それぞれの修理方法によっておおよその価格が決められています。ドアノブ修理が必要な一例としては、ネジの緩みや枠から外れてしまうことを原因とする、ガタつきがあります。このほかにも、鍵が刺さったまま中で折れてしまったり、鍵が曲がって抜けなくなってしまったりのトラブルも起きています。こういった場合の修理費用は、だいたい10,000円前後となっています。ドアノブにも種類がありますので、専用の交換部品の有無など、状況によって価格が変動するようになっています。

日本における建築物の多くには、見た目や機能的にも、様々なタイプのドアが設置されています。種類は豊富で、自動ドア・開き戸・引き戸など、様々な種類のものが設置され、使用されています。役割についても、その建築物の顔とも言える玄関口であったり、部屋と部屋を仕切ったりする目的で使用されています。年代別で見ても、その年代ごとに合ったドアが選ばれ、ドアノブについてもドアに合わせたものが使用されてきました。どの年代においても、破損すること自体は変わらないので、その時の技術によってドアノブ修理が行われてきました。今でも主流となっている、握って回転させる円筒錠のドアノブや、洋式のドアに多く見られる取手式のプッシュプルのタイプがあります。これらについても、年代で移り変わってきたものであり、これからも、その年代に合わせたものに移り変わっていくことが考えられます。