紛失防犯対策を考えよう~紛失をしてしまった時の対策が難しい~

破損の原因

ドアノブが壊れてしまう要因

小さい子供がいると、体重をかけてドアノブにぶら下がってしまう事が多いです。そうして大きな負荷を与えることで、破損しやすくなります。その他にも、ドアノブの内部の部品の摩耗によっても破損します。特にドアを枠に固定するラッチと噛み合わなくなることで、ドアの開閉が難しくなります。また、ドアノブは風呂場の湿気や湯が付いてしまうと、内部がサビて劣化しやすくなります。壊れた状態のまま使用すると、最悪の場合、トイレなどに閉じ込められてしまう事もあります。なので、ドアノブががたつき始めら、早めにドアノブ修理を依頼したほうが良いです。

業者に頼む時に気をつけること

ドアノブ修理業者を選ぶ時には、悪い業者に当たらないように注意点があります。それは、あまりにも値段が安いところにお願いしないことです。なるべく費用を抑えたいと思うのは当然ですが、安さをアピールする業者は避けたほうが良いです。というのは、お客を呼び寄せるために安さを売りにして、後でいろいろな追加料金で余計なお金を取られることが多いからです。なので、色々な業者を比較して、正規値段を把握しておくことが大事です。その他にも、ドアノブ修理施工後にアフターケアがきちんとなされる業者を選ぶ必要があります。アフターケアは、ドアノブに異常があった場合に、無料で再びドアノブ修理が受けられる制度です。アフターケアがしっかりしていれば、お客さんのことを第一に考えてくれる業者といえます。